光脱毛が痛くないのは本当なの?

今の脱毛エステや家庭用脱毛器は光脱毛が主流です。 その理由の一つに痛くないというのが大きいのです。 部位や個人による差が合って、痛みが多少出る場合があります。

例えば、VIOのようなデリケートで太い毛が密集して生えている部分の脱毛は最初は痛みが伴うかも知れません。 でも、回数を重ねるごとに痛みは弱まりますし、痛みも肌の上で輪ゴムを弾いたような痛みなので激痛まではいきません。 肌が乾燥していたり肌トラブルがあると痛みを感じやすくなるようですので、普段から保湿を心がけるのがオススメです。 ワキ脱毛等、痛いどころか心地よくてウトウトしてしまう女性も多いです。

光脱毛はスピーディーですから眠る前に終わってしまうということも多いでしょう。 クリニックなどの医療機関で行う医療レーザー脱毛は、痛いことで有名で麻酔をしないと施術できないと感じる人もいます。 ただ、医療レーザー脱毛の方が出力がその分高いので、少ない回数で永久脱毛が可能です。 痛みがあると思うと、前日から憂鬱で嫌々通うということにもなりかねません。 光脱毛は痛みが無いのでストレスなく通えるということがおすすめポイントです。

光脱毛は肌へのダメージが少ないからキレイな肌になる

光脱毛をすると、肌が荒れるのではと思っている女性もいらっしゃると思います。 でも、実は光脱毛をすることで肌へのダメージが減ってキレイな肌になるというのをご存知でしょうか。

光脱毛に使っている特殊な波長の光は、フォトフェイシャルという美顔にも使われる光を強くした感じです。 フォトフェイシャルは、コラーゲンの生成を増やすことでシミやシワ、たるみなどを改善する効果のある美顔です。

強い光を当てると聞くとお肌に悪そうな印象を持つと思いますが、紫外線は含まれませんのでシミの原因にはならないのです。 また、今までカミソリや毛抜き、レディースシェーバーなどで自己処理をしていた女性は、少なからず肌へのダメージを感じていたと思います。 サメ肌で肌が硬くなる、毛抜きやワックスなどで引っ張ることで毛穴が変形して埋没毛ができる、色素沈着を起こすなどのあらゆる肌ダメージがあったと思います。

光脱毛を毛周期に合わせて繰り返し行うことで徐々に無駄毛が生えてこなくなりますから、自己処理の回数が格段に減って行きます。 今までカミソリ負けをしていたり肌トラブルを起こしていた肌が回復して行きます。 その為、デリケートな肌質の方やアトピーの方も光脱毛をするという女性がとても増えています。

脱毛後の肌トリートメントで注目の脱毛サロン

脱毛後の肌トリートメントで注目の脱毛サロンをご紹介します。 ひとつはミュゼプラチナムで、トリートメントには独自開発のプラセンタエキス配合ミルクローションを使っています。 優しくいたわるように肌に潤いを与えるので、ツルツルになる美肌効果があり、脱毛したのに前よりお肌が良くなったと人気です。

もともとミュゼプラチナムのS.S.C方式という脱毛法は、ジェルを塗ってその上から光を照射する方法なので最もお肌に優しくて痛みも無いと好評です。 お肌のかさつきやダメージが気になるなら、肌トリートメントがしっかりしているミュゼプラチナムがオススメです。

全身脱毛で人気のキレイモでは、脱毛後の肌トリートメントにとてもオリジナリティがあると好評です。 脱毛後の肌トリートメントで使われる保湿ローションには、グロブラリアコルジホリアカルス培養エキス、ハナショウガエキス、カフェインを使ったオリジナリティーがあるトリートメントです。 保湿はもちろん、引き締め効果があるので美しく引き締まったボディラインを目指せるので脱毛サロンでありながら痩身エステの効果も期待できます。